闇深し、混迷の春

−二つの基本計画と世界遺産登録延期勧告、そして行き場を失う廃ペットボトル

    1/4 page
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

2018・春(その1)

q-tan

Aさん―― あら、Qタンじゃない。久しぶりねえ〜 「自然と人間」が廃刊になってヒマを持て余して、遊びに来たの?

Qタン―― ええ、久しぶりにセンセイの顔を見に来ました。  

Aさん―― じゃあ、今日はセンセイと3人で話をしましょう。センセイもきっと「両手に花」で、鼻の下をだらしなく伸ばしているわよ。

キョージュ、登場

Hキョージュ―― お、Qタンか、久しぶりだな、え、3人で話すって? 2人だったら対談、3人だったらなんていう?

Aさん―― ・・・

Qタン―― ・・・

Hキョージュ―― なんだ二人ともしらないのか、情けない。「鼎談」と言うんだ。はカナエといい中国の昔の三本足の器のことだ。「鼎の軽重を問う」って聞いたことないか?

Aさん―― (答えず)センセイ、相変わらずどうでもいい蘊蓄をひけらかしてますねえ。まわりに敬遠されますよ。ひょっとして孤立してるんじゃないですか。

Hキョージュ―― うるさい、谷川雁じゃないが、連帯を求めて孤立を恐れずだ。

Qタン―― そうですよ、先輩、言いすぎです。一応は恩師ですから。それに役人OBには時々いるタイプじゃないですか。

役人の今

Hキョージュ―― しー、役人OBってのは言いっこなし。役人出身だっていうと石を投げられそうだよ。         

Aさん―― 経産省bQの柳瀬サンに国税庁長官佐川サン、財務事務次官福田サン、ほかにもいっぱいいますよねえ。こどもでもわかるようなウソを平然と吐く、文書隠蔽、公文書書き換え、セクハラ…            

Hキョージュ―― 昔も変な高級役人はいっぱいいたけど、その中身が変わってきたって感じがするね。少なくとも昔は事実自体は隠蔽しなかったし、嘘八百は言わなかったことが多かったと思うよ。事実は事実として認めながら、それを論理のアクロバットを駆使して、正当化しようとしたもんだけどねえ。 

Aさん―― 論理のアクロバットって、要は屁理屈ってことですね。            

Hキョージュ―― うん、あとねえ、官僚のロイヤリティの対象なんだけど、昔は省というかシマ(→21講その3)だったし、省益やシマ益が結局は国益、国民益につながると自己暗示にかけていた気がする。でも今、話題になっている連中のロイヤリティの対象は、官邸のような気がするね。そしてそうすることが、省やシマのためというよりも、自分のむきだしの個益=出世のためになってるような気がしちゃうね。 。        

Qタン―― 昔は官邸は政策や人事に口出ししなかったんですか。            

Hキョージュ―― ほとんどなかったんじゃないかな。各省のヒエラルヒーのトップは大臣だけど。実際には1年ほどしかいない素人だから、実権を持っていなかった。むしろ族議員のほうが影響力は大きかったと思うよ。 また省あって国なし、局あって省なしと言われたほど、縦割り社会で、それの弊害も大きかった。

Aさん―― だからこそ政高官低だとか政治主導だとかの構造改革が叫ばれたんですね。

Qタン―― じゃあ、それがある意味、実現したんじゃないですか。           

Hキョージュ―― 最悪の形でね。中選挙区制時代は自民党は派閥の合従連衡で、官邸の求心力自体がなかった。小選挙区制で候補者選びの実権が官邸に移った。内閣人事局ができ、政策や人事にも官邸がしばしば口出しするようになった。

A-san
 

Aさん―― 小選挙区制って、政権交代可能な二大政党制をつくるための手段だって聞きました。

Hキョージュ―― ぼくははじめから二大政党制自体に疑問を呈していたよ。(→19講その2)         

Aさん―― そういえば、昔はバカな大臣がバカなことを言い出すと局長が諫め、バカな局長が受けてくると、課長連中が押し戻し、バカな課長が受けてくると課内でブーイングを受けるのが霞が関文化だとおっしゃってましたよね。(→24講その3)            

Hキョージュ―― ちょっとオーバーだけど、そういう気概があったことは事実だ。でも今はどうなのかなあ。  

Qタン―― それにしてもモリカケをはじめいろんなことがあって、安倍サンの支持率は低下、三選も疑問視されてきましたねえ。            

Hキョージュ―― うーん、確かに安倍政権の出鱈目さ、お粗末さは明々白々になっている。隣国だったら、とっくに暴動が起きてるレベルだとさえ思う。でもねえぼくが信じられないのは、それでも安倍サンの支持率は30%を維持しているし、自民党内でも安倍降ろしコールが起きていないということだ。

Aさん―― 外交だってそうですよねえ、トランプさんに虚仮にされても、きちんとモノ申せないってのは情けなさすぎます。         

Qタン―― トランプさんも好き放題、無茶苦茶な政権運営が目立ちますけど、それでも支持率30%を維持してますものねえ。朝鮮半島非核化を目指して、米朝会談が行われるというニュースにみなびっくりしましたけど、金正恩サンは米朝会談をボイコットしかねないような発言がありました。どうなるんでしょう。           

Hキョージュ―― 予見不能だな。トランプと金正恩って、どっちも大マイナスな存在だけど、数学の世界ではマイナスとマイナスをかけ合わせればプラスになるからなあ。でもこれに関しては米朝韓中の複雑な取引―トランプの好きなディールーが行われていて、日本だけが見事に蚊帳の外って感じがするねえ。

    1/4 page
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4