新・新Hキョージュ―の環境行政時評 2018冬                 2018・冬その1

春は名のみの、寒々とした環境模様 付;新潟水俣病

    1/4 page
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

2018・冬(その1)

Aさん ―  センセイ、平昌オリンピックがはじまりました! 毎日TVにかじりついています。       

Hキョージュ―  今回のオリンピックはもろに政治が絡んでいるねえ。   

Aさん ―  南北朝鮮チームのことですか。      

Hキョージュ― それだけじゃあないよ。少なくとも、オリンピック開催中は米国と北朝鮮が戦火を交えることはないだろう。いい意味での政治利用と言えるかもしれない。  安倍サンが韓国に行ったのはいいことだと思うが、文大統領との対談で、米韓軍事演習再開を要請したというのは余りにも筋違いだ。  

Aさん ―  内政干渉だとはねつけてましたね。不気味なのは開幕直前にトランプさんは核態勢見直し(NPR)を発表したことですね。     

Hキョージュ― 北朝鮮を念頭に、核先制使用もあるべしとし、小型核兵器の開発を公言した。オバマさんは核不先制使用を明言し、「核なき世界」を目指すとしていたから180度転換したことになる。金正恩もヒドイが、トランプはそれ以上にヒドイねえ。 情けないのは安倍サンのみならず、自民党内の極少数の脱原発派でそれなりに好感を持っていた河野太郎外相までが、即座にNPR支持を公言したことだ。  

Aさん ―  自分は核兵器を持っていながら、他国に核兵器を持つなという権利はないですよねえ。     

A-san
 

Hキョージュ― ま、それでも自国が核軍縮を進めるって言ってるのであればまだわかるけどね。  

Aさん ―  河野サンは北のミサイルの脅威を大々的に言ってますが。      

Hキョージュ― Jアラートの運用とか、北の脅威を言い立てているが、だったらまずは国内の原発を停止し、核燃料の運び出ししなきゃあ。それでこそ、脱原発の河野だろう。 じゃあ、やっぱり今回も原発の話題から行くか。 

懲りない人々―原子力ムラ

Aさん ―  原発では「もんじゅ」の廃炉が決まっていますが(→2016秋その2)、そもそも設計時に廃炉のことを全く想定していなかったので、冷却材のナトリウムの相当部分を取り出す方法がないってことが話題になってましたね。  

Hキョージュ― 外国の話だけど、古い軽水炉の場合、そもそも当初の設計図が失われていて、廃炉に四苦八苦という話をTVで見たことがあるけど、ヒドイ話だよねえ。

Aさん ―  経産省は2050年に向けて原発をどうするかの議論をはじめるそうです。同省の「長期エネルギー需給見通し」では2030年の電源構成で原発は20〜22%となっています。 (→2015春その3) 再稼働を目論んでいる既存原発をすべて再稼働し60年まで延長運転すれば、これはクリアーできますが、2050年だと新増設をしない限り20〜22%を達成できないので、「50年を考えながら30年の議論がしたい」そうです。(図参照)

estimation of future power generation by nuclear plants

     

Hキョージュ― また原子力ムラの連中を集めて、温暖化防止のために、原発の新増設が必要だという結論にもっていくつもりなんだろうな。でもねえ60年まで延長運転というのは、例外中の例外だったはずだ。(→2012冬その4)原発20〜22%そのものを見直すべきだというのに、2050年になっても原発20〜22%ということを前提としていること自体が馬鹿げている。

Prof.H
  

Aさん ―  わかりました。次は再稼働問題ですね。       

Hキョージュ― 再稼働については表にまとめておいた。じっくり眺めればいろいろ見えてくるよ。
再稼働関連年表(筆者作成)
再稼働関連年表(筆者作成)
2011
3月 福島第一原発メルトダウン
5月 浜岡原発、菅総理大臣要請で運転停止
6月 経産大臣、安全宣言。経産官僚は浜岡を生贄にして、玄海原発を先頭に再稼働を画策するも、菅総理は運転再開にはストレステスト導入が必要と抵抗し、世論の反対もあり再稼働ならず。
7月 菅総理、脱原発依存を明言。
9月 菅内閣から野田内閣に
12月 野田総理、原発事故収束宣言
2012
5月 泊3号機、定検で運転停止。全国で原発運転ゼロに。
7月

野田内閣のごり押しで大飯3,4号機、再稼働。

→2013年9月定検で停止、再び全国で原発運転ゼロに。

9月 原子力規制委員会・原子力規制庁誕生
2013
1月 安倍内閣誕生
7月 原子力規制委員会が新規制基準策定
2014
5月

大飯3,4号機差し止め判決(福井地裁)

→控訴審(判決2018年1月?)

2015
4月

高浜3,4号機再稼働を認めない仮処分(福井地裁)

→12月異議審で仮処分取り消し

8〜9月 川内1,2号機再稼働。全国で原発運転ゼロ状態解消。
2016
1〜2月

高浜3.4号再稼働

→3月運転差し止め仮処分(大津地裁)で運転停止

→2017年3月仮処分取り消し(大阪高裁)で5月再稼働

8月 伊方3号機再稼働
2017
3月 4原発5基の廃炉計画→4月認可
9月 玄海原発3,4号機再稼働手続き終了
12月 大飯3,4号機再稼働手続き終了
2018
3月 大飯3,4号機、控訴審判決後に再稼働か 玄海3,4号機再稼働は、不祥事件の神鋼部品チエックで数カ月遅延見通し。

    1/4 page
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4